MENU

緑内障の症状をチェックして早めに発見しよう

日本で一番恐れられている目の病気は緑内障です。緑内障 画像
一度発症したら、失われてしまった視界は、
2度と元に戻ることがなく進行がひどければ失明してしまいます。

 

大変恐ろしい病気ですが、早期発見、早期治療すれば
恐れることがないんですよ!
正しい知識でチェックするのが大切です。

 

緑内障の初期症状を自分でセルフチェックしよう

 

緑内障の一番初めの症状は、とにかく目が疲れてしまう
何だか乾燥しやすい、充血して赤くなることが多くなった
というような普通の誰でもなりそうな目のトラブルです。
緑内障 画像
これだけ聞くと「普通の結膜炎ではないか?」薬局で買った
目薬をさして一時しのぎをしようと考える人も多いです。

 

ちょっと待って下さい、自分の年齢を考えて40代に近いなら
薬局の薬ではなく緑内障の初期症状を疑って
眼科を受診した方がいいですよ。

 

緑内障は、国内で一番恐れられている失明する確率NO.1の
恐ろしい病気なんですよ!はっきりとした原因も
失われた視界を戻す治療法も今のところありません。

 

目が疲れやすい、ふとした時に目がかすむ……となると
ものすごくあやしいです。

 

さらに、夜暗くなってから光を見ると前は見えなかった
光の輪が自分にだけ見えるようになった、
そういえば最近、視界が狭くて人とよくぶつかる?
なんてことになれば100%緑内障の疑いがあります。

 

緑内障 画像

 

ここまで症状が進むと、狭くなってしまった視界を
元通りに戻すことはできなくて、症状を食い止めるという
治療法しか残されていないんですよ。

 

セルフチェックのポイントは、ドライアイ、充血しやすい
目が疲れた時に頭痛も一緒にひどくなるという小さな
ポイントですけど覚えておくと気がつきやすいですよね。

 

 

ネットのチェックを活用してみよう

 

緑内障は、目の眼圧が上がってしまい目の神経から
おかしくなってしまう恐ろしい病気なんです。
緑内障 画像
失明する確率が国内で第一位なので、ネットの中にも
緑内障のセルフチェックを無料で出来るサイト
多数ありますから活用して役立てましょう。

 

緑内障になると、健常者の目には見える物が見えない、
あるはずのないものが見えてしまう、という特徴があるので
定期的に自分自身でチェックすると安心です。

 

40代以降になると高い確率で緑内障を発症しやすくなるので
自分だけではなく家族の中で、40以降の方がいるなら
その人のためにチェックをしてあげるのもいいですね。

 

失明してしまった人を介護するのはとても大変ですから、
家族の中で助け合いながら緑内障の疑いがないか?
高齢者を気遣ってあげるのも大切です。

 

緑内障 画像

 

最近では、スマホのアプリで緑内障を予防するための
知識を与えてくれたり、セルフチェックを簡単にできる
アプリも登場しています。

 

緑内障は、片目だけ発症した場合は意外に早く気がつきますが
両目同時に進行すると、かなり悪くなるまで
気がつかないことが多いです。

 

定期的に緑内障のチェックをして、健康な目を保ちたいですね。

関連ページ

緑内障の特徴的な原因を知って予防しよう
現在わかっている原因を知っておけば予防することができます。
緑内障のレーザーと目薬を使った一般的な治療方法
目薬やレーザーを使った治療はどんな事をするのか知っておきましょう。
緑内障の治療薬の副作用について知っておこう
副作用や使い方について正しい知識を身につけるのが大切です。
緑内障の手術は何をするのか?必ず必要なのか?
入院費用がいくらぐらいかかるのか?手術の必要があるのか調べてみました。
緑内障の手術をする時のお勧め名医
全国から患者が押し寄せる人気の先生や有名な病院を調べてみました。
緑内障の治療には併用してはいけない薬があるので注意しよう
使ってはいけない薬があるので注意して使用しましょう。
緑内障の予防に効果的な食事や成分を知っておこう
普段の食事に取り入れて健康的な眼を持続させましょう。
緑内障の予防をして目薬や薬に頼らないでよい生活をしよう
正しい予防法を活用して防ぐのが大切です。
緑内障の症状を正しく知って早期発見しよう
被害が小さいうちに食いとめたり、進行しないように治療すれば失明することはなくなります。