MENU

緑内障の症状を正しく知って早期発見しよう

緑内障とは、失明の原因第1位になっているとても恐ろしい病気で
一度発症すると見える範囲が狭くなり、元には戻りません。
緑内障 画像 
できるだけ早期に発見して、被害が小さいうちに食いとめたり
進行しないように治療すれば失明することはなくなります。

 

正しく緑内障について知ることがとても重要で
誰でも発症する可能性があります。

 

緑内障とはどういう病気なのか?

 

緑内障 画像

 

緑内障は目の病気で、昔は発症すれば必ず失明すると
絶望されていた病気なんです。

 

なぜ緑内障というのかは、病気が進行すれば視界が
まるで緑色に塗りつぶされたように見える範囲が
小さくなるとも言われています。

 

女性が発症する確率がとても高く、40代を過ぎれば男女関係なく
20人に一人は緑内障患者になっているので、この年代になったら
眼科で検診を受けるのがいいでしょう。

 

年齢に関係なく20代でもなる方が多く、はっきりとした原因は
よくわかっていないのですが、頭痛がひどかったり
充血しやすい人になりやすいと言われています。

 

目が疲れやすいとか、年の多くが痛く感じる場合は
眼圧が高い可能性がありますよ。

 

緑内障 画像

 

眼圧が高いのが緑内障の最大の特徴なんです。
このまま放置していると、視界が狭くなって緑内障の
症状が発症してしまうことが多いんです。

 

目が痛い、目が充血してしまう、何だか特定の光が見えにくい
なんとなくいつもと違うと思ったら眼科に行きましょう。

 

失明した人なら本当によくわかりますが、私たち人間は
目がなくては生きていくのはとても困難なんです。
失明してしまう前に治療するのが大切です。

 

 

白内障とは何が違うのか?

 

緑内障 画像

 

緑内障と、白内障の違いが分からない方もいますが
白内障は手術をすれば視力が戻り、回復する病気です。
緑内障と違ってまぶしいと感じたら白内障、見え方が
おかしいと思ったら緑内障と言っていいでしょう。

 

緑内障は光の見え方に特徴があり、おもに夜間
暗い中で光を見た時に光の見え方がおかしく感じたり、
光の周りに輪っかがかかったように感じたら
高い確率で緑内障の疑いがあります。

 

緑内障 画像

 

初期段階なら、目薬などで確実に病気を食い止めて
広くならないようにすることができますから
緑内障の初期症状を覚えておいて、体からのサインを
見逃さないようにするのが大切です。

 

目が痛いと感じる場合も、緑内障の基本的な初期症状で
頭痛がしたり、肩凝りがひどかったりと目以外の場所も
同時に痛むので、目以外の場所が痛い時でも
病気を疑って眼科で眼圧を計ってもらうのがいいでしょう。

関連ページ

緑内障の症状をチェックして早めに発見しよう
正しい知識でチェック!早期発見、早期治療すれば 恐れることはありません。
緑内障の特徴的な原因を知って予防しよう
現在わかっている原因を知っておけば予防することができます。
緑内障のレーザーと目薬を使った一般的な治療方法
目薬やレーザーを使った治療はどんな事をするのか知っておきましょう。
緑内障の治療薬の副作用について知っておこう
副作用や使い方について正しい知識を身につけるのが大切です。
緑内障の手術は何をするのか?必ず必要なのか?
入院費用がいくらぐらいかかるのか?手術の必要があるのか調べてみました。
緑内障の手術をする時のお勧め名医
全国から患者が押し寄せる人気の先生や有名な病院を調べてみました。
緑内障の治療には併用してはいけない薬があるので注意しよう
使ってはいけない薬があるので注意して使用しましょう。
緑内障の予防に効果的な食事や成分を知っておこう
普段の食事に取り入れて健康的な眼を持続させましょう。
緑内障の予防をして目薬や薬に頼らないでよい生活をしよう
正しい予防法を活用して防ぐのが大切です。