MENU

緑内障のレーザーと目薬を使った一般的な治療方法

緑内障は、失明する恐れのある病気で
日本でも患者が多く世界でも疾患している人が緑内障 画像
多い患者です。

 

治療といっても、治す為のものではなく悪くならないように
目薬やレーザーを使って現状維持をするしかできないので
どんな事をするのか知っておきましょう。

 

基本的な緑内障の治療

 

緑内障は、視界が狭くなり気がつかずそのまま
放置していると失明する怖い病気です。

 

眼圧が高くなって目の神経を圧迫するのが
緑内障の特徴で、初期段階の治療は目薬を使って
眼圧を下げて目の神経を圧迫しないようにします。

 

緑内障 画像

 

緑内障の目薬は、持病があって何か薬を服用している
場合は飲み合わせで禁忌な物が多いので
現在薬を飲んでいる人は自分から申し出ましょう。

 

目薬で眼圧が下がれば、これ以上症状が悪化する
ことはないので、このまま目薬の治療になりますが
全く症状が改善されない場合は次に移ります。

 

目薬で眼圧が下がらなければ、さらに神経を圧迫して
視界がますます狭くなってしまうので服用薬
体の中から薬の力で眼圧を下げます。

 

緑内障 画像

 

薬を服用しても、症状が改善されない場合は
眼球の中の房水の流れをスムーズにするために
レーザー治療をしたり手術を行って眼圧を下げます。

 

レーザーの治療は日本でよく行われているもので
入院してから治療するのが一般的です。

 

入院の日数もほかの病気と比べて長く、10日間くらい
するのが一般的ですから、ここまでひどくなる前に
初期の段階で治療するのが好ましいです。

 

 

レーザーを使わない緑内障の治療

 

緑内障は、眼圧が上がらなければそのまま失明してしまう
恐れがあるので最近では、世界的にインプラントの治療を
取り入れるところが増えています。
緑内障 画像
レーザーで治療をしたとしても、目の中の液体の流れ房水の
流れがスムーズにいかない場合もあるのでその場合は
インプラントを進める先生もいます。

 

人によって症状が異なりますし、一般的に緑内障の症状は
大きく分けて3パターンあるので、病院の先生と
相談しながら決めるのがいいでしょう。

 

一番よくないのが放置することで、放置すれば
確実に失明してしまうので、そんなことにならないように
早めに治療するのがいいです。

 

緑内障の初期症状は、目が痛くなったり、頭痛がしたりして
この段階で治療を開始すれば、視界が狭くならずに
一生を過ごせる確率が上がるので早めが良いです。

 

視界が狭くなり始めて治療を開始すると、失われた視界は
二度と元に戻らないので視界が狭くなる前に眼科で治療しましょう。

関連ページ

緑内障の症状をチェックして早めに発見しよう
正しい知識でチェック!早期発見、早期治療すれば 恐れることはありません。
緑内障の特徴的な原因を知って予防しよう
現在わかっている原因を知っておけば予防することができます。
緑内障の治療薬の副作用について知っておこう
副作用や使い方について正しい知識を身につけるのが大切です。
緑内障の手術は何をするのか?必ず必要なのか?
入院費用がいくらぐらいかかるのか?手術の必要があるのか調べてみました。
緑内障の手術をする時のお勧め名医
全国から患者が押し寄せる人気の先生や有名な病院を調べてみました。
緑内障の治療には併用してはいけない薬があるので注意しよう
使ってはいけない薬があるので注意して使用しましょう。
緑内障の予防に効果的な食事や成分を知っておこう
普段の食事に取り入れて健康的な眼を持続させましょう。
緑内障の予防をして目薬や薬に頼らないでよい生活をしよう
正しい予防法を活用して防ぐのが大切です。
緑内障の症状を正しく知って早期発見しよう
被害が小さいうちに食いとめたり、進行しないように治療すれば失明することはなくなります。