MENU

緑内障の治療薬の副作用について知っておこう

緑内障の治療は、目薬を使うことが多くて
新薬の開発も激しく最新の目薬などがよく作られています。
緑内障 画像
目薬は、眼圧をコントロールするもので強い刺激を
伴うものも多いので、副作用や使い方について
正しい知識を身につけるのが大切です。

 

目薬タイプもありますが、服用する場合もあり
症状や医者の考えによって使い分けされます。

 

緑内障の目薬にも副作用がある

 

緑内障の治療を行う場合、眼圧をコントロールするので
強い目薬を使用するのですが一般的に多く使われている
トルソプトの場合、使用した瞬間に強い刺激を
感じてしまいます。
緑内障 画像

 

眼球の中の液体をコントロールするのが目的なので
どうしても刺激を感じたり、目が霞んでしまうほどの
副作用を感じてしまうことがあります。

 

これは新薬として開発された、最新の目薬でも
同じような症状が見られるので、刺激があるからといって
勝手に目薬をやめるのは危険です。

 

副作用については、薬局の薬剤師に質問すれば
詳しく丁寧に教えてくれるので、目薬をもらう時に
きちんと説明をしてもらうといいでしょう。
緑内障 画像

 

新しい新薬として注目されているアイファガンは、
房水の中の液体を以前の薬よりもしっかりと
コントロールしてくれるので効果は期待できます。

 

けれどもアイファガンは、目薬を使用すると
今までの薬にはないような眠気、めまい、
血圧が低下するなどの症状がみられます。

 

副作用はありますが、緑内障にかなり効果的ですので
薬を使用する時間帯や方法などを工夫して利用していけば
失明のリスクを遅らせることが期待できます。

 

 

失明のリスクと闘う緑内障の治療薬

 

緑内障の治療薬は、禁忌薬が非常に多くて
強い薬なのが特徴です。

 

緑内障 画像

 

うつ病の薬、てんかん、アレルギー、循環器系の病気
ぜんそく、これらの薬を服用している方は
緑内障の治療薬が使えないことが多いです。

 

緑内障の薬もかなり強いので、診察を受ける時に
眼科医に現在併用している薬についてきちんと
申し出なければなりません。

 

目薬で処方される薬がほとんどですか、副作用や
痛みを伴うことが多いので、そのことに驚いて
自分勝手に目薬をやめる人がときどきいます。

 

緑内障は、残念ながら進行する病気で発症すれば
10年ごとに症状が悪化して最終的に失明する人が多いです。

 

緑内障 画像

 

進行してひどい状態で治療を始めた場合は、眼科で
「○年後にあなたは失明します」とかなりシビアに
言われるほどひどい病気なんです。

 

確かに薬に副作用もありますが、目を守るために
自分勝手に薬の使用をやめないようにしましょう。

 

緑内障は、今でこそ失明するリスクが下がりましたが
日本で最も失明するリスクの高い病気ですから
疾患した場合は薬の用法をしっかり守りましょう。

関連ページ

緑内障の症状をチェックして早めに発見しよう
正しい知識でチェック!早期発見、早期治療すれば 恐れることはありません。
緑内障の特徴的な原因を知って予防しよう
現在わかっている原因を知っておけば予防することができます。
緑内障のレーザーと目薬を使った一般的な治療方法
目薬やレーザーを使った治療はどんな事をするのか知っておきましょう。
緑内障の手術は何をするのか?必ず必要なのか?
入院費用がいくらぐらいかかるのか?手術の必要があるのか調べてみました。
緑内障の手術をする時のお勧め名医
全国から患者が押し寄せる人気の先生や有名な病院を調べてみました。
緑内障の治療には併用してはいけない薬があるので注意しよう
使ってはいけない薬があるので注意して使用しましょう。
緑内障の予防に効果的な食事や成分を知っておこう
普段の食事に取り入れて健康的な眼を持続させましょう。
緑内障の予防をして目薬や薬に頼らないでよい生活をしよう
正しい予防法を活用して防ぐのが大切です。
緑内障の症状を正しく知って早期発見しよう
被害が小さいうちに食いとめたり、進行しないように治療すれば失明することはなくなります。