MENU

緑内障の予防をして目薬や薬に頼らないでよい生活をしよう

緑内障は、発症してしまうと症状が進行して
失明する恐れがあるので、正しい予防法を活用して
防ぐのが大切です。緑内障 画像

 

目に栄養を与えるためにサプリメントを使ったり
刺激を与えないようにサングラスを使ったり
全身運動をしたり、ツボ押しで症状を
軽くする方法もあります。

 

運動やツボ押しで緑内障を予防しよう

 

緑内障は残念ながら一度発症すると治らない
症状が進行すれば失明する病気です。

 

そもそも緑内障は、目の眼圧が高すぎると起きるので緑内障 画像
眼圧を避ける治療がとても大切なんです。

 

緑内障と、運動って意外に深い結び付きがあって
有酸素運動を毎日継続的に続けると約3カ月で
眼圧が下がったという結果があります。

 

病気だからといって運動してはいけないということはなく
歩いたり、エアロビクスをしたり、軽い運動を
毎日継続的に続けていくと緑内障の予防になります。

 

運動もまとめてするのではなく、毎日少しずつ歩くとか
エレベーターをやめて階段にするとか、車を使わず
歩いて買い物に行くなど日々の努力が重要です。

 

サプリメントでも緑内障に効果的なのは、ルテイン
とても注目されていて眼圧を下げる働きがあるので
サプリメントを選ぶ時はルテインが入っているものを緑内障 画像
意識して選ぶといいでしょう。

 

予防法として目薬をさすことがありますが、一度病院から
緑内障の目薬を処方されれば一生使い続けないと
悪化する恐れがあるので怖いです。

 

万が一目薬を処方された場合は、素人判断で勝手に
やめないで医師の指示に従いましょう。

 

 

目に刺激を与えないのが一番の予防法

 

緑内障の原因は、はっきりこれだと決まっていませんが
目に強い刺激を与えたり、疲れさせたり、ストレス緑内障 画像
乾燥、先天的な遺伝などがあげられます。

 

つまり目を酷使している人に緑内障が多いので
サングラスを使うことを勧めます。

 

最近の日差しは非常に強くて、車の運転をするときや
町を歩く時もアスファルトの照り返しで目を
痛める恐れがあります。

 

夏の日差しが強い時などはサングラスで目を守ったり、
疲れを感じたらツボ押しで疲労がたまらないように
してあげるといいでしょう。

 

緑内障に効くツボのポイントは、こめかみのあたりや
後頭部のへこみなど体中に複数あります。
覚えておいて疲れた時に押すといいです。
緑内障 画像

 

日差しの刺激は最近問題になっていて、
緑内障を発症してしまう子供も増えてきているので
最近のネットゲームや強い日差しが問題ではないかと
言われています。

 

目にストレスを感じると、発症しやすいと言われているので
適度に休憩をはさむのも効果的です。

関連ページ

緑内障の症状をチェックして早めに発見しよう
正しい知識でチェック!早期発見、早期治療すれば 恐れることはありません。
緑内障の特徴的な原因を知って予防しよう
現在わかっている原因を知っておけば予防することができます。
緑内障のレーザーと目薬を使った一般的な治療方法
目薬やレーザーを使った治療はどんな事をするのか知っておきましょう。
緑内障の治療薬の副作用について知っておこう
副作用や使い方について正しい知識を身につけるのが大切です。
緑内障の手術は何をするのか?必ず必要なのか?
入院費用がいくらぐらいかかるのか?手術の必要があるのか調べてみました。
緑内障の手術をする時のお勧め名医
全国から患者が押し寄せる人気の先生や有名な病院を調べてみました。
緑内障の治療には併用してはいけない薬があるので注意しよう
使ってはいけない薬があるので注意して使用しましょう。
緑内障の予防に効果的な食事や成分を知っておこう
普段の食事に取り入れて健康的な眼を持続させましょう。
緑内障の症状を正しく知って早期発見しよう
被害が小さいうちに食いとめたり、進行しないように治療すれば失明することはなくなります。